コンタクトレンズを特徴を理解して使ってみる

視力が悪いと感じたときにメガネにするかコンタクトレンズにするか迷うことがあると思います。コンタクトレンズには沢山の長所がありますし、もちろん短所もあります。コンタクトレンズを使おうかどうか悩んでいるならまずは特徴について理解を深めておくといいでしょう。上手に使っていくと安全に付き合っていくこともできますし、メガネよりもいいところはいっぱいありますよ。

コンタクトレンズのメリットは、視力の補正力が高い、左右の視力差に悩まされなくて済む、物がはっきりと見える、激しい運動でずれない、ルックスでの変化がないということです。逆にデメリットは付け慣れていないとうまくいかない、病気などの危険性がある、付けることのできない人がいるということです。メガネよりも機能面で優れているものの、安全面では少し劣るといった所でしょうか。ただメガネの方が眼精疲労になりやすいので安全面ではどちらも問題点はあるということになります。

コンタクトレンズだけにこだわる必要はありませんし、メガネだけにこだわる必要もありません。この二つは日常生活の中で使い分けていくのがいいのです。日常生活の中で視力を補う必要がないときは必要なときにメガネを使い、仕事などで一日中視力を補わないといけないときにはコンタクトレンズを使うといった分け方をしてみるといいですよ。

Posted in コンタクトレンズ


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>